今年度を初年度とする3ヵ年の中期経営計画『バリュークリエーション2024』において、経営基盤の強化策の一つとして掲げている「サステナビリティ」の推進を図ることで、社会・地球環境へ貢献するとともに、さらなる企業価値の向上を目指します。

・委員会設置の目的 
パンチグループは、2022年4月から2025年3月を計画期間とする中期経営計画『バリュークリエーション2024』において、経営基盤強化策の一つとして「サステナビリティ」を掲げています。これからの企業が「ビジネス環境」のみならず「社会環境」や「地球環境」との共存が求められていることを認識し、社会や地球環境で発生しているさまざまな課題の解決に取組みます。本施策の推進を通じて、社会・地球環境へ貢献するとともに、さらなる企業価値の向上を図ることを目的として「サステナビリティ委員会」を設置します。