ハウス食品グループ本社株式会社は、ご家庭で期限が近づいた食材をおいしく召し上がっていただく解決策の1つとして、食品ロスに対する意識・実態調査や、食品ロスになりがちな食材を使ったレシピ提案・発信を行う『もっとカレーだからできることプロジェクト』に取り組んでいます。

この度、2022年5月に実施した「食品ロスに関するアンケート調査(第五回)」を公開します。食品ロスの認知率や発生頻度といった継続して調べている内容に加え、前回調査に引き続き「子どもの食品ロス認知率」についても調査しました。この結果、子どもの食品ロス認知度は大人と比較するとまだ低いことが判明しました。