子ども食堂や小学校と食を通じたコラボレーション!

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都千代田区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、SDGs「2.飢餓をゼロに」、「3.すべての人に健康と福祉を」推進などをゴールとしてグローバルで取り組んでいる社会貢献プログラム「Better Days(TM)」の日本における活動を推進しています。設立60周年を迎えた今年、ケロッグのビジョンである「世界中の人々が食だけでなく心まで満たされる善良で、正しい社会」の実現を目指し、Better Daysを柱とした社会貢献活動をさらに進化させます。 
その第一弾の取り組みとして、近年課題となっている子どもたちの朝食欠食や孤食、栄養不足などの問題に着目し、子ども食堂や小学校などと連携し、地域全体で課題解決を目指すことを目的とした新たなプロジェクト「ケロッグ 毎日朝ごはんプロジェクト」を6月29日(水)より始動いたします。