SDGsを楽しく学ぶ発信基地誕生!!

2022年7月16日(土)より、“身近な海で暮らしている微小な生物”にスポットを当てた新エリア「身近な海の生きもの研究所」を、横浜・八景島シーパラダイスの水族館「アクアミュージアム」1階にオープンいたします。新エリアは、生物が形作られることの解明や進化の道筋の研究を行う東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所(以下:東京 大学三崎臨海実験所)と横浜・八景島シーパラダイスの共同の取り組みを研究室の装いでご覧いただける展示スペースで、“身近な海の多様な生物”や“多様な能力”といった、知っているようで知らなかった海の豊かさを知るきっかけづくりがコンセプトです。オリジナルのSDGsを楽しく学ぶ発信基地としてお楽しみいただけます。