再生ウールや廃棄物から新たな素材を作り出すイノベーションを通し、持続可能な未来のための「FEEL GOOD」イニシアティブを継続

Tokyo (2021年10月1日) –南カリフォルニアを拠点とするグローバルライフスタイルブランドのUGG® (a division of Deckers Brands [NYSE: DECK])は、責任あるファッションは一時的なブームではなく私たちの未来であると信じ、長持ちするように作られた高品質の製品の製造と、環境への影響を減らすためのイノベーションを続けています。新しいIcon-Impactコレクションは、UGG®の持続可能な未来への旅における最新の取り組みです。

製品のサプライチェーンにおける廃棄物は、ファッション業界にとっての課題であるため、UGG®は、できる限り廃棄物を減らす方法を模索してきました。2021年秋冬コレクションの一環として、再生ウール廃棄物から新たな素材を作り出す2つのイノベーション技術を開発しました。ウールは、UGG®が最も多く使用する、最もアイコニックな繊維です。UGG®は、ソフトな手触りで、地球にもっと優しいUGGplush™やUGGcycle™を通して、ウールをより持続可能なものとする取り組みを進めています。

これらのイノベーションを取り入れたIcon-Impactコレクションには、再生可能なサトウキビや、埋立されるはずだった35万本以上のペットボトルを利用した再生PETなども使われています。これは、UGG®のシューズ1足あたり2~3本のペットボトルが再利用されていることになります。

Icon-Impactコレクションには、UGG®のアイコニックなルック&フィールを受け継いだ、Fuzz Sugar Slide(ファズ シュガー スライド)、Fuzz Sugar Cross Slide(ファズ シュガー クロス スライド)、Classic Sugar Ultra Mini(クラシック シュガー ウルトラ ミニ)の3つのスタイルがフィーチャーされています。

UGG®は、これらの新スタイルのクリエイションに際して、持続可能性を実現するための4つの主な構成要素に焦点を当てました。

再生ウール(RECLAIMED WOOL)
UGG®ブランドのイノベーション技術であるUGGplush™とUGGcycle™には、再生ウールが使用されています。再生ウールは、UGG®が使用するウール全体の98%以上を占め、バージンウールに比べて、使用する水やエネルギーの量が少なく、二酸化炭素排出量も減らすことができます。「再生(reclaimed)」とは、廃棄されるはずだった素材にUGG®が新しい命と目的を吹き込むことを意味します。この取り組みにより、UGG®は、加工済みの市販バージンウールと比べて、1億3400万MJのエネルギーと119億ガロンの水を節約し、1億3400万ポンドの二酸化炭素排出量を削減しています。

SUGARSOLE™ フォーム
再生可能資源であるサトウキビは成長が速く、雨水で育ちます。UGG®を代表するSugarSole™フォームに使用されるサトウキビは、石油化学製品であるエチレンの代替となるため、化石燃料への依存度軽減に役立ちます。サトウキビは、代替されるエチレン1ポンドあたり1.6ポンドの二酸化炭素を吸収します。

再利用プラスチック(REPURPOSED PLASTIC)
プラスチックに新たな目的を与えるため、このコレクションでは、リサイクルペットボトルから作られた耐久性に優れたrPET(再生PET)を使用しています。UGG®のシューズ1足に少なくとも2本のペットボトルが再利用されており、合計すると、埋立されるはずだった35万本以上のペットボトルが再利用されていることになります。

カーボンニュートラル(脱炭素)
UGG®の環境フットプリントに配慮したデザインを採用し、環境への影響が少ない素材を用いて、排出される少量の二酸化炭素を相殺することで、カーボンニュートラルな素材を実現しています。

また、今年度春に発売したオールジェンダー対応のNeumel Natural(ニューメル ナチュラル)にも新色が登場。新スタイル同様UGG®の環境フットプリントを考慮したデザインで、コットン55%、ヘンプ(麻)45%の耐久性に優れた混紡素材で織られています。ヘンプは、空気中の二酸化炭素を吸収する再生可能資源であり、コレクションの他のスタイルにも使用されているTENCEL™ Lyocellは、植物の力から生まれるUGG®ならではの心地よさをもたらしています。手作業で作られるUGG®のHevea(ヘベア)ラバーソールは、パラゴムノキから採取した天然ゴムを使用したソールで、天然林を伐採する必要がないため、最大限のクッション性をもたらしながら、環境への影響を最小限に抑えることができます。人工的な素材は排除した仕様になっています。

UGG®が現在進めている「FEEL GOOD」イニシアティブにおける最新の取り組みであるIcon-Impactコレクションは、UGG®公式サイト( https://bit.ly/3F08Whu )、全国のUGG®直営店、正規取扱店でご購入いただけます。

このコレクションは、UGG®が地球のためにできるポジティブな取り組みとしての1つの形です。このポジティブな影響を最大化するため、UGG®では日本独自の取り組みとグローバル規模で実施する2つのパートナーシップを締結しました。日本では、音楽家の坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体である一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)とのパートナーシップを締結し、日本でのIcon Impact コレクションの売上の一部を寄付し、奈良県天川村に「UGGの森」を育てるため、初年度は1ヘクタール(10,000㎡)に500本、3年で3ヘクタール(30,000㎡)に1,500本の植林を行い、育林や獣害対策のみならず地域のコミュニティーも大切にした活動を行っていきます。北米、ヨーロッパでは、One Tree Planted(onetreeplanted.org)とパートナーシップを締結し、米国、カナダ、デンマーク、ベトナムの一部のUGG®直営店、正規取扱店、およびUGG®公式サイト(UGG.com)で、Icon-Impactコレクション商品の販売1点ごとに1本の木を植樹する活動に参加します。このプログラムを通して、2021年9月より最大102,327本の木を植樹する予定です。

UGG®の持続可能な未来のために取り組んでいる様々なイニシアティブ詳細は、特設サイト FEELGOODFUTURE.UGG.COM/JP でもご覧いただけます。

About UGG®

1978年、カリフォルニアの海岸で一人のサーファーによって設立されたUGG®は、アイコニックなクラシックブーツで知られるグローバルライフスタイルブランドです。ハリウッドのセレブリティに続き、ファッションエディターに愛用され、やがて世界中に広がりました。以来UGG®は、品質、クラフトマンシップに対する妥協のない姿勢を貫きながら、フットウェア、アパレル、ファッション小物、ホームウェアのデザインと販売を手掛けています。UGG®は、環境と社会に配慮したブランドとして、社会的公正と経済的包摂、そして環境の修復のために全力で取り組んでいます。世界各国の一流小売業者と提携しながら、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京、上海、北京などの世界主要都市に、コンセプトストアやアウトレットストアを展開し、年間15億ドルを超える売上高を実現しています。詳しくは、www.ugg.com/jp/ @UGGJAPAN #FeelGoodをご覧ください。

About FEEL

2020秋冬にローンチした「FEEL」は、UGG®のみがもつ製品やブランドの真実を伝えます。FEELは、シーズン毎に展開されるブランドストーリーやクリエイティブの統一されたテーマとなります。

About more trees

一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家 坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体です。加速する森林破壊と地球温暖化の危機的状況に行動を起こすために、100名以上の賛同人とともに2007年に設立されました。国内外18か所に「more treesの森」を展開し、地域と協働で森林保全を行うほか、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナーやイベントを通じた森の情報や魅力の発信など、「都市と森をつなぐ」をキーワードに「森と人がずっとともに生きる社会」を目指したさまざまな取り組みを行っています。詳しくは、www.more-trees.org/ をご覧ください。



###

画像クレジット:UGG®/ Deckers Japan
TEL: 0120-710-844
URL: http://www.ugg.com/jp/
画像:https://xgf.nu/WMjf
※記載の商品価格はすべて税込価格です。