〜業界でも珍しいランダム宅配が話題!月に70件以上のリクエストも〜

 株式会社Heart Fullが行っている野菜宅配サービス『ゴヒイキ』。現在ユーザー数は約5.5万人、登録しているパートナー農家は1000軒以上です。コロナ禍の巣ごもりで需要がUPした事も相まって、1年間でユーザー登録者が2倍になるほど注目されています。
 2020年11月より始めた、弊社の【ヤミゴヒイキ】は、業界でも珍しいランダムで食材が届く宅配サービスです。ユーザーに、色んな農家を知ってもらうきっかけにしてほしいと始めましたが、コロナ禍で取引先が減少した農家にとっても、新たな販路を見つけるツールとして活用されています。

【コロナ禍で需要高まる食材の宅配サービス】

 長引くコロナ禍で、在宅勤務や密を避ける生活が続く中、外食せずに自宅で健康的で美味しいものを食べようと食材や質にこだわる人が増加し、食材の宅配サービスは右肩上がりで拡大しています。さらに、今まで市場に卸せなかった規格外の野菜も販売出来ることから、“フードロス対策”にも貢献しており、SDGsの一環としても注目されています。

【業界初!?何が届くかわからないランダムで届く宅配サービス『ヤミゴヒイキ』】

 『ゴヒイキ』は、農家と消費者を繋ぐインターネット上の野菜宅配サービスです。一般的な野菜宅配サービスとは違い、購入者であるユーザー自身が値段やサービス内容をリクエストし、それに答えられる農家から連絡が入るという従来になかったシステムを導入しています。リクエストパターンは、下記の4つです。その中で、ひと際、怪しいネーミングで注目されているのが「ヤミゴヒイキ」というユニークなサービスです。購入者は、リクエストしたい金額と配達頻度を設定するだけ!どの農家から、どんな食材が届くか、全くわからず、届くまでのお楽しみです!1000軒以上ある登録農家の中から、ジャンルも産地も、何もわからないのが特徴で、多い時には月70件以上のリクエストがあります。

【アイディアは・・・『闇鍋』から!!農家と消費者の新たな出会いを作りたい】

 毎回、同じ食材を同じ農家から頼むのではなく、もっと沢山の食材や農家と出会ってほしいという代表樋勝の思いから生まれた『ヤミゴヒイキ』。ネーミングの発想は、なんと『闇鍋』からきています!暗闇の中、様々な食材が入った鍋を食べ、何が当たるかわからないワクワクドキドキ感を感じて欲しいと付けられました。
 元々、「ゴヒイキ」は、“旬の野菜の美味しさを多くの人に知ってほしい”という思いから始まったサービス。旬のものであれば何でも美味しいので、もっと知らない野菜や初めての農家に触れる機会を作り、新たな食材の美味しさや、様々な農家のファンを作りたいとランダム宅配を思いつきました。

【 ユーザーの声 】静岡県在住の利用者様へのインタビューも可能です!

■静岡県在住 M さん
今まで、10回程、「ヤミゴヒイキ」を利用されているMさん。スーパーで野菜を買うことに抵抗があり、新鮮な食材を求めて「ゴヒイキ」を利用。最初、どの農家に頼んだらよいかわからず、とりあえず「ヤミゴヒイキ」を使用してみたところ、今まで食べた事のない野菜が届いたり、自分では選ばないような野菜が入っていて、毎回、箱を開ける時のワクワク感が楽しいと言います。


■三重県在住 T さん
毎日の買い物にマンネリを感じ、刺激を求めて「ヤミゴヒイキ」を利用してみたというTさん。自分で野菜を買うと、どうしても同じ種類のものを買いがちで、料理のレパートリーもあまり変化がなかったとの事。しかし「ヤミゴヒイキ」を始めてから、普段スーパーでは、見かけない珍しい野菜が届いたり、あまり食べた事のない食材が届く事で、新しい料理のレシピに挑戦するように!農家さんによっては、野菜の処理の仕方や、オススメの食べ方を教えてくれるところもあり、農家さんとの交流も楽しめたと言います。


 主な利用者は、30~50代のベテラン主婦で、普段の買い物や料理に変化を求めて始められる方がほとんど。中には、「野菜だと思って箱を開けたら、海苔だったのでビックリした!」という驚きの声も。コロナ禍でも、家にいながら、農家や食材との新たな出会いが生まれ、日常にワクワクをもたらすと好評のサービスです。

【会社概要】
名称 株式会社Heart Full
所在地 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-6 丸元ビル4F
代表 樋勝 毅
事業内容 広告代理事業、人材紹介事業、メディア事業、SEO事業
広報問合先 担当:磯野 電話:080-1890-7944 メール:j-ana@koho.pro