この度、アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 永井歩)は、「サステナビリティ経営の基本と企業価値向上~サステナビリティ経営実現において最初にやるべき事~」と題し、ウェビナーを開催いたします。

気候変動、コロナ禍、戦争と社会や経済の不確実性が上がり続けるなかで、長期視点での企業経営の本質であり、企業価値向上や投資の観点から、企業の「サステナビリティ」に注目が集まっています。経営や事業ポートフォリオ戦略と切り離した、単なる社会貢献やSDGsへの取り組みといった活動だけにとどまらない、目の前の事業戦略や投資戦略の判断に「サステナビリティ」の視点をどう織り込むのか?について多くの企業が課題を感じています。

社会課題や未来の可視化、そして企業の競争優位性の源泉である無形資産/非財務情報のデータ解析・可視化を行っているアスタミューゼでは、上記の課題に対して、サステナビリティ経営実現フレームワーク(パーパス&マテリアリティ&無形資産の可視化)を軸に、具体的なアクションプランをご提案します。

今回のウェビナー「サステナビリティ経営の基本と企業価値向上」では、サステナビリティに取り組む企業経営者や各担当者が最低限やるべき取り組みとその方法論、そしてその結果としての企業価値向上についてお話します。