京王プラザホテルのSDGsへの取り組み

京王プラザホテル(東京:西新宿、社長:若林克昌)では、愛され続けるホテルメイドの逸品であるコペンハーゲナーの製造過程で生じる切れ端を使用した「The Edges of Kopenhagener」を販売開始いたしました。長年にわたりエコロジーをはじめとした様々な取り組みを実施している中で、“はじっこ”コペンハーゲナーの商品化はホテルで働くスタッフのアイデアから生まれました。焼き上がったものをひとつひとつ手作業でカットする製造工程の途中で生じる切れ端。形は整っていないけれど、トロッとはみ出たあんずジャムやほろりと崩れるクッキー生地は変わらない美味しさです。