~冷凍品に関する正しい認知の拡大と、サステナブルなライフスタイルの推進を共に目指す~

“幼児食の悩みをゼロに。”を目指す冷凍幼児食ブランド『homeal(ホーミール)』を運営するhomeal株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:鬼海 翔)は、 “冷凍品の新価値”を創造・発信するためのコンソーシアム『フローズンエコノミーラボ』(http://frozen-economy.jp/)に、家庭用冷凍食サービス提供企業として参加したことをお知らせします。


■フローズンエコノミーラボメンバー(2021年9月時点)
<家庭用冷凍食サービス提供企業>*幹事企業
まねき食品株式会社、 株式会社丸山製麺、 株式会社AIVICK、 TANPAC株式会社、 株式会社パンフォーユー*、 ゴーフード株式会社、 homeal株式会社
<特別パートナー> レンティオ株式会社
<パートナー企業>
株式会社安藤、 株式会社SUPER STUDIO、 株式会社スマートメディア、 株式会社Tokyo Bento Labo、 株式会社フラクタ、 株式会社プレイド、 金木屋商事株式会社、 三菱地所株式会社
※今後も、さまざまな業種の企業に参加を呼びかけて活動予定。

フローズンエコノミーラボは、農林水産省の推進する食品ロス削減国民運動に参加しています。

■「フローズンエコノミー」とは
「フローズンエコノミー」とは、 “冷凍品”を活用するサービス提供や事業運営をする企業・団体だけではなく、冷凍技術の進化や調理器具を含めた電気製品、電力供給、資材、物流など、“冷凍品”にまつわるあらゆるものを含んだ経済圏です。

■『フローズンエコノミーラボ』3つのミッション
1,食品の冷凍に関する正しい認知の拡大
食品のおいしさを保つための最適な保存手段の1つが冷凍である
2,冷凍された食品が流通しやすい環境づくり
家庭や生活圏における施設での冷凍保存スペースの拡大や、流通コストなどの課題解決
3,冷凍=フードロス削減の認知の拡大
冷凍により、保存期間や販売手法に変化をもたらすことで、社会課題であるフードロス削減に貢献できる

■『フローズンエコノミーラボ』活動内容
以下の活動を行うことで「フローズンエコノミー」の活性化に取り組んでまいります。
1. 「フローズンエコノミー」普及活動:既存事業者、及びユーザーへの普及活動を実施
2. 勉強会:事業者間や、ユーザー及びその他専門家を招いての市場に関する勉強会の開催
3. 事業者間の交流:事例や運営ノウハウなどを、交流を通じて共有

■『フローズンエコノミーラボ』概要
名称:フローズンエコノミーラボ
サイト:http://frozen-economy.jp/

■『フローズンエコノミーラボ』に関するお問い合わせ先
株式会社パンフォーユー(幹事企業)
frozen-economy@yuapan.com

・homeal株式会社

6歳までに7,300食と言われる幼児食。味覚や咀嚼力を養い、食の楽しさや全部食べ切ったときの達成感を味わう、一般食までの移行期間です。しかしながら、家事や育児に追われているとき、仕事が忙しいとき、毎日の幼児食に負担に感じている親が多いのも現実です。
この課題にhomealが提案するのは、温めるだけで今すぐおいしい料理を、親子で一緒に食べられる冷凍幼児食。“子どもが食事を食べてくれない”などの幼児食のお悩みは、幼児食診断や管理栄養士によるお悩み相談のLINEサービスでサポート。幼児食の悩みをゼロに。家族の幸せな時間が増えることを願っています。

名称:homeal株式会社
代表取締役CEO:鬼海 翔
設立:2019年9月
所在地:東京都渋谷区渋谷2-19-15
事業内容:幼児向け冷凍食品の開発・販売
サイト:https://homeal.co.jp