産業革命以来、文化が進歩していく過程で発生したCO2排出量の増加により、地球の温暖が急速に進みました。現在、これ以上の温暖化を抑制する為に官民で莫大な予算を投資し、全世界でSDGsやCOP26などの取決めにより、風力発電や太陽光発電を導入し、脱炭素社会構築を目指し、地球温暖化抑制が待った無しの課題に成っています。但し、容量の小さいキャンプなどで使用する蓄電池では、電化製品を稼働するには充分ではなく、併せて持ち運べるというコンパクトさが要求されます。この度、今や世界のシリコンバレーとも言われる深センで、長年蓄電技術を研究開発してきた会社が、自社の革新的な技術力を生かしこの2つを融合した2000W・1997Wh超大容量ポータブル電源を完成させる事に成功し、この度クラウドファンディングの特別価格でご提供いたします。
https://camp-fire.jp/projects/view/551049