「家具の循環型社会」をめざす株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野 健、以下subsclife)と中央日本土地建物株式会社(本社:千代田区、代表取締役社長:平松 哲郎、以下中央日本土地建物)は、3月14日(月)より、家具廃棄削減を目指す「サスティナブルオフィス」の取組みを開始したことをお知らせいたします。第一弾として、中央日本土地建物が運営するオープンイノベーションオフィス「SENQ京橋」のラウンジ(コワーキングスペース)を、家具のサブスクリプションサービスを提供するsubsclifeのデザイン監修によりリニューアルし、3月14日(月)に供用を開始いたしました。今後も、変化の早いオフィスニーズに対応したワークスペースのご提供と、家具の再利用・循環によるサスティナブルな取組みを強化してまいります。