葉隠勇進(東京都港区、社長執行役員:鈴木 紀之)は、受託先である東京都江戸川区内の小学校で、「SDGs」をテーマにした学校給食を提供しました。食品ロス削減を目指した「だしがらふりかけ」や、江戸川区の地場産食材で地産地消を促す「小松菜とツナの和え物」など、児童がSDGsを身近に感じられるよう一品一品に工夫を凝らしました。江戸川区は、2月の給食で、全小中学校が「みんなの給食」の日を設け、SDGsを発信しました。