「エネルギーファンディング」は、誰しもが毎月支払う電気代の一部を、社会活動や誰かの夢・目標の支援(寄付)に変える仕組みです。発電・送配電をはじめとする電気の品質は今までと変わらずに、手軽に継続した支援を行うことができます。社会貢献活動団体など約150社が参画しており、好きな団体を選んで寄付することが可能です。更に電気代もお得に、再生可能エネルギーも選択できます。

電気代を、社会活動や誰かの夢の支援に

毎月支払う電気代はお得に、電気代の一部を継続的に社会貢献活動や誰かの夢へ支援(寄付)できます。寄付の割合は3種類のプランからお選びすることができ、支援先として、約150社が参画しています。「こども・教育」や「環境保護」、「スポーツ」など多くのカテゴリーがあり、お好きな団体を選んで、無理なく寄付することができます。SDGsの項目にある「11. 住み続けられるまちづくりを」に該当します。

再生可能エネルギーの使用でSDGsへ貢献

提供の電力プランには、使用電力の100%を再生可能エネルギーによって発電された電力にする「再エネプラン」も用意しています。SDGsの項目にある「7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「13. 気候変動に具体的な対策を」の2つに該当します。よりクリーンで環境に優しく、電気利用者が快適に住み続けられる街づくりの実現を目指すことができます。

今も支援を必要としている人はいるのに、寄付は手間や時間がかかり、継続するのが難しい。どこかに1度寄付をすることは可能でも、それを継続することは簡単ではありません。電気代の一部で長期的に支援する「エネルギーファンディング」はそんな課題から生まれました。