【宮城蔵王・遠刈田温泉ゆと森倶楽部】温泉から再生可能エネルギーをつくり、省エネ・高効率化を実現 ~一の坊リゾートのSDGs#3~

株式会社⼀の坊リゾート(本社/宮城県仙台市 代表取締役 髙橋 弘行/タカハシ ヒロユキ)が運営する【「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部】では、廃熱利用システムを導入。廃棄する温泉の熱で大浴場のシャワーなどで使用する水を加温し、重油の年間使用料の17.4%に当たる25,000ℓを減らし、約160万円を節約。二酸化炭素排出量は68トンを削減しました。
地球の恵みである温泉資源を無駄なく活用することで、SDGsの一環としても地球環境にやさしいリゾートホテルの実現と経営体質の更なる強化に繋げていきます。来年度は廃熱回収システムの更なる最適化を行ったシステムをグループ店舗へ順次導入予定です。