この度、株式会社4kizは、e-education創業者の税所篤快と教育起業家の本山勝寛による「こどもSNS」クラウドファンディング記念特別対談「アフターコロナの子育て」を開催します。 途上国に映像授業を届けるNPO「e-education」創業者で、1年間と半年間の育休を2回取得、10月に『僕、育休いただきたいっす!』を出版した税所篤快。 東大・ハーバード大学院卒、5児の父親で4回育休を取得し、11月に日本財団を退職して「こどもSNS」立上げに向け起業した4kiz代表取締役の本山勝寛。 モデレーターには、ハーバード教育学大学院修了後に非営利インパクト投資ファンドAcumenを経て、現在CoachEdカリキュラム最高責任者の松川倫子を迎えます。 男の育休、子育て論、家族論から、アフターコロナ時代における子育て、教育のあり方、起業やクラウドファンディング、仕事と子育てなどについて議論します。