アプリを地球儀にかざすと、SDGsの17の目標における世界の現状が浮かび上がる。

株式会社ほぼ日(本社:東京都千代田区神田錦町、代表取締役社長:糸井重里)が販売するAR地球儀「ほぼ日のアースボール」(https://earthball.1101.com/)は、専用アプリで世界の今が見える新コンテンツ『SDG Maps』をリリースいたしました(共同制作・開発:政策研究大学院大学・田中明彦研究室) 。国連が掲げるSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の17の目標ごとに、SDGsへの入門としてわかりやすいテーマを一つずつ選び、世界全体の状況がわかる地図にしました。