東京センチュリーは2022年9月に「2040年度カーボンニュートラル方針」を宣言し(*1)、「GXリーグ基本構想」に賛同表明しております。現在様々な角度からCO2削減施策の検討を進めておりますが、第一弾の取組みとして2023年1月より、当社およびグループ会社が入居する秋葉原所在のビル3棟(以下、「秋葉原3ビル」)(*2)における使用電気の100%を再生可能エネルギー由来に変更いたします。今後とも「金融×サービス×事業」という当社独自のビジネスモデルを推進するほか、GX(グリーン・トランスフォーメーション)など気候変動への対応に注力することにより、更なる事業の成長を実現してまいります。