甲子化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市)は、エア・ウォータ株式会社(本社:大阪府大阪市)と共同で環境配慮型のLPガスボンベ キャップシールを開発しました。2023年2月より、LPガス事業者の扱う使い捨てキャップを新型キャップに順次切り替えていく予定です。これにより、年間のプラスチック使用量を50%削減し、CO2排出量を36%削減することが可能になります。

キャップシールはガスボンベのガス充填口(バルブ)をカバーするもので、ガス充填完了の目印や異物侵入防止を目的に、LPガス事業者で多く利用されています。このたび、キャップシールの設計を見直し、また廃棄素材を活用することで、環境配慮型キャップシールの開発に成功しました。素材には廃棄された卵殻および家電リサイクルプラスチックを活用しており、CO2排出量を削減するだけでなく、ごみの削減およびリサイクルの促進といった、循環型社会の実現に貢献する取り組みです。