「オンセンゴマツボ(オンセンミズゴマツボ)」は 1962 年に大分県九重町の宝 泉寺温泉をタイプ(模式)産地として新種記載された淡水性巻貝類の一種で、大分 県の固有種として知られている。本種はこれまでにタイプ産地である九重町のほ か、別府市、由布市の 3 市町のみでの生息が報告されており、環境省レッドデータ ブックでは絶滅危惧 I 類に、大分県レッドデータブックでは絶滅危惧 IA 類に選定さ れている。また、本種は大分県希少野生動植物保護に関する条例に基づく、指定希 少野生動植物に指定され厳重に保護されている。現在のところ、本種の生息地は九 重町及び由布市のみとされている。
今回、NPO 法人北九州・魚部では絶滅したと考えられてきた別府市において、本 種と思われる個体群を発見した。「温泉」で知られる県、中でも代表的な別府市で、 温泉と関係の深い生物の再発見は、話題性にも富み、独特な自然環境や生物多様性 の重要性など地域のサスティナビリティを考える上でも重要だと考えている。
つきましては、この話題を是非とも取材くださいますようお願いいたします。