岡山大学(岡山県岡山市:学長 槇野 博史)と、株式会社ベネッセホールディングス(岡山県岡山市:代表取締役社長 CEO 小林 仁、以下:ベネッセ)は、2020年度から3ヵ年をかけて、地域の持続可能性と「well-being:ウェルビーイング」の学術的研究を行う「瀬戸内サステナビリティ&ウェルビーイング研究プロジェクト」を実施しました。

 本研究の最終報告会を10月8日に香川県直島町で実施し、瀬戸内国際芸術祭「SETOUCHI企業フォーラム2022」内のプログラムとして、「ベネッセアートサイト直島(以下:BASN)/瀬戸内国際芸術祭のインパクトとモデルとしての可能性」というテーマのもとに報告いたしました。本研究では、直島メソッド(※1)ならびに公益資本主義が、直島・犬島・豊島の3島を中心とした地域や住民の「well-being:ウェルビーイング」にもたらした変化とそのメカニズムについて調査し、学術的成果としてまとめるものです。2022年度内に岡山大学より報告書としてまとめ、ホームページにて発信する予定です。