自動車をはじめとしたモビリティ安全製品の開発・製造・販売を行うオートリブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、 代表取締役 社長:コリン・ノックトン)は、 今年2 月から筑波事業所で、今年 10月から広島事業所で それぞれ購入電力を100%再生可能エネルギー化いたしました。
 オートリブは グローバル全体で、2030年までに自社のオペレーションにてカーボンニュートラルを達成し、さらには 2040年までにサプライチェーン全体を通して温室効果ガス排出ネットゼロを実現するというコミットメントを、2021年 6月に自動車安全のサプライヤーとして初めて発表しました。
 この目標を達成するために、当社では各事業所における購入電力の再生可能エネルギー化を行い、CO2排出量削減に取り組んでいます。各事業所の年間使用電力を全て再生可能エネルギー化することにより、筑波事業所では年間 2,700トン、広島事業所は年間約 1,500トンの そ れぞれ CO2排出量削減を見込んでいます。また現在建設中の中部事業所では、開業時から100%再生可能エネルギーを活用する想定で、当社としては、オートリブグローバルで掲げるCO2 排出量削減目標を2024年末までに達成することを目指しています。
 これからも、オートリブグローバル のビジョン「 Saving More Lives (より多くの命を守る)」のもと、事業を通じて環境問題や社会課題の解決に貢献し、持続可能な社会の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。