参加者の中学生の35%、高校生の41%がプログラミング未経験。

 IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す特定非営利活動法人Waffle(東京都港区、代表:田中 沙弥果、以下Waffle)は、世界最大級の女子中高生向け社会課題解決型アプリコンペティション「Technovation Girls 2022(テクノベーション・ガールズ)」の日本国内におけるインパクトレポートを発表します。
 2022年度は、33チーム120名の中高生が参加し、4チームがグローバルコンペティションのセミファイナルに選ばれました。そのうちの1チームである「SpesDojo」チームはCoderDojo瑞穂が支援し、世界1,700チームより「Asia Reginal Winner」を受賞するという日本初の快挙を成し遂げました。
 4ヶ月間にわたる本プログラムは、全てオンラインで行い、23都道府県から中高生が参加しました。