こくみん共済 coop 〈全労済〉(全国労働者共済生活協同組合連合会 代表理事理事長:廣田 政巳)は、このたび、東京都が発行する「東京グリーンボンド」(以下、本債券)を取得しました。

 本債券は、代表的なESG評価機関の一つであるISS ESG(サステナビリティ格付評価を行っているインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズの責任投資部門)より、フレームワークが国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則と整合している旨などの評価(セカンド・パーティー・オピニオン)を取得しています。
 当会は、「持続可能な社会づくり・ セーフティネットづくり」に取り組むことを掲げています。この具体的な取り組みの一つとして、資産運用方針の中でESG運用(環境・社会・企業統治に配慮している発行体を重視・選別して行う運用)を実施していくこととしており、本債券の取得を決定いたしました。当会は、理念である「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」の実践の一環として、 今後もESG運用を含めた持続可能な社会づくり・セーフティネットづくりに取り組んでまいります。