日本リユースシステム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山田 正人)が運営し、日本政府主催第3回ジャパンSDGsアワード「特別賞」を受賞した衣類のお片づけ商品「古着deワクチン」は、2022年10月1日より4つの社会福祉団体と連携し、企業・団体向けの社内SDGs活動に特化したプラン「古着deワクチン まごころプロジェクト」の提供を開始いたしました。

日本リユースシステム株式会社の運営する「古着deワクチン」は、ご不要になった衣類や服飾雑貨のお片づけを通して、衣類のサステナブルな活用を促進する自立支援型・寄付つきお片づけ商品です。ご利用を通して世界の子どもたちにポリオワクチンを寄付し、国内外の障がいがある方の自立を支援することができます。2010年11月より取り組みを開始し、これまでに累計80万人以上の方にご利用いただいています。
近年ではSDGs機運の高まりから、個人の方だけでなく企業のCSR・SDGs活動の一環として古着deワクチンをご利用いただくケースが増えております。そこで、2022年10月1日より企業の皆様のSDGs活動を支援する目的で、企業・団体様向けプラン「古着deワクチン まごころプロジェクト」の提供を開始いたしました。