経営者・会社員の52.3%がサーキュラーエコノミーを『知らない』と回答

株式会社エコリオ(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:浦野 由紀夫)は、事業会社の経営者・会社員を対象に、「サーキュラーエコノミー(循環経済)」に関する調査を実施しました。
サステナブルな社会の実現に向けSDGs推進が加速している現在、経済活動についても、大量生産・大量消費型の“リニアエコノミー(線形経済)”から、“サーキュラーエコノミー(循環経済)”へと移行していく必要があります。

“サーキュラーエコノミー(循環経済)”とは、従来の3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みに加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動を指し、資源・製品の価値の最大化、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止等を目指すものです。
※参照:環境省「令和3年版 環境・循環型社会・生物多様性白書」>状況>第1部>第2章>第2節 循環経済への移行
https://www.env.go.jp/policy/hakusyo/r03/html/hj21010202.html