ESG経営をステークホルダーへアピールするための「地方創生への貢献」というファクト創りを「企業版ふるさと納税」で実現できます

​南三陸町では地方の課題解決を民間企業の皆様と図る『南三陸 未来チャレンジ』が2021年12月にスタートし、多くのお問い合わせをいただきました。そのご意見等も踏まえて「南三陸 未来チャレンジ会議」プログラムが正式に決定。参画企業の皆様との挑戦がいよいよ始動いたします。「企業版ふるさと納税」は「ESG経営」の具体的な取組として経営層の皆様から注目されており、特に、ESGの「Social/社会」対応としての地域貢献が少ない負担で実現でき、企業価値を高める選択肢のひとつとして効果的にアピールすることが可能です。