1964年に愛知県豊川市で創業、以来50年以上梱包資材に携わってきた株式会社トヨコンは、SDGs思考の新しい緩衝材
「ワッフルパッド」を開発し、2022年9月号の日経トレンディへ掲載しました。

♦特長1:発泡プラ緩衝材と同等の緩衝力 -------------------------------------------------------------------------
JIS規格に基づいた落下試験で、精密機器100kg相当をクリアしています。
数グラム~100kgと幅広い製品にて使用可能なオールダンボールの緩衝材です。

♦特長2:梱包作業性の高さ ---------------------------------------------------------------------------------------
別のダンボール材とワッフルパッドの作業時間を比較したところ、作業時間に30倍の差が出ました。これはワッフルパッドの部材数の少なさによるものです。組立が容易なことは作業者を選ばず、良好な梱包品質が得られます。

♦特長3:省スペース化 -------------------------------------------------------------------------------------------
積み重ねができる立体構造で、発泡プラスチック材よりもかさばらず、輸送・保管時のスペース削減ができます。

♦特長4:環境への配慮 -------------------------------------------------------------------------------------------
日本のプラスチックリサイクル率は約25%、ダンボール材のリサイクル率は約96%です。またごみの量などの観点で、捨てられた場合も土へ還るダンボール材は発泡プラスチック材よりも優れています。