課題を「テクノロジーでSDGsに貢献する」に決定〜次世代を担うテクノロジー活用人材を全国で育成〜

ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)は、B Lab(所長:石戸 奈々子)、京都超SDGsコンソーシアム(京都大学、京都市、ソフトバンク株式会社 ほか企業約10社)と共同で推進する「超SDGsラボ」の枠組みの下で2023年3月に開催する、子どもたちが人型ロボット「Pepper」やAIを活用して社会課題解決に取り組むプログラミングコンテスト「STREAMチャレンジ2023」の課題を「テクノロジーでSDGsに貢献する」に決定したことをお知らせします。