人と環境への優しさをたっぷり詰め込んだ安心・安全の食品保存用ラップ

宇部フィルム株式会社(本社:山口県山陽小野田市、社長:相川誠)は、ポリラップの姉妹品として日本国内製造初となる ”さとうきび由来”バイオマス原料を配合した食品保存用ラップ「耐熱ラップeco」を11月1日より発売開始します。
地球環境問題の解決に貢献する方針のもと開発した、環境負荷の少ない商品です。

ぴったりくっつく!環境に優しい耐熱ラップeco

グリーンを基調としたデザインは、バイオマス原料の植物由来素材と環境への配慮をイメージ。

サイズは30cm×50mと、22cm×50mの2種類を販売します。

■耐熱ラップecoとは?

”さとうきび由来”バイオマス原料を使用した、日本国内製の食品保存用ラップ。環境への配慮とともに、電子レンジにも強い耐熱性としっかりとくっつく密着性、さらに野菜など素材のおいしさを保つ鮮度保持の特性も持ち合わせています。

■耐熱ラップecoの特長

”さとうきび由来”バイオマス原料を使用。化石原料依存度を低下させることで、地球温暖化の防止に貢献できると期待されています。

・毎日使う食品保存用ラップに求められた素材
ラップフィルム原料のうち、約25%を”さとうきび由来”バイオマス原料のグリーンポリエチレンとしました。グリーンポリエチレンは”さとうきび”が育成過程に吸収する⼤気中のCO2と、焼却処分をした際に排出するCO2が相殺されプラスマイナスゼロになるという理論により、カーボンニュートラルの原料と言われています。

・”さとうきび由来”バイオマス原料の使用理由
さとうきびは豊富に存在する資源であり、大気中のCO2を多く吸収することができる植物のひとつとされることから使用しました。

・ダイオキシンゼロ
バイオマス原料の他にも非塩素系素材を使用しているため、燃やしても塩素系ガスやダイオキシンが発生しません。

・バイオマスプラマーク取得
日本バイオプラスチック協会が定めた基準に適合する製品として認定されています。
※日本バイオプラスチック協会は、バイオプラスチックの普及促進と試験・評価制度の確立を目的に設立された民間団体です。

・プラスチック刃を使用
ラップをカットする刃の部分に、「分別しやすく怪我もしにくい」プラスチック素材を使用。安全性をより高めました。

・ラップの外箱も環境へ配慮
FSC認証紙(適切に管理された森林の木材を使用した紙)をベースとして、印刷部分のインキの一部にバイオマスインキを使用しました。

■宇部フィルムが取り組んできた「安心・安全」の商品開発

宇部フィルムは「社会が求めるフィルムをお届けします」を基本理念とし、UBEグループの一員として、環境に配慮した商品を提供することで、社会の持続的発展に貢献します。

【会社概要】
会社名:宇部フィルム株式会社
所在地:山口県山陽小野田市大字小野田1020
代表者:相川 誠
設立:1964年(昭和39年)4月
URL:https://www.ube-ind.co.jp/ubefilm/index.html


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
宇部フィルム株式会社 東京支店
東京都文京区湯島1-6-3 湯島一丁目ビル5F
担当:籔下 貴也
TEL:03-5804-0352
受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝日を除く)
メールはこちらのフォームより対応しております。
https://www.ube-ind.co.jp/ubefilm/contact_index.html