昭島市(市長:臼井 伸介)、昭島ガス株式会社(社長:平畑 文興、以下「昭島ガス」)、東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、本日、「カーボンニュートラルシティの実現に向けた包括連携協定」(以下、「本協定」)を締結しました。

 2021年6月に改正地球温暖化対策推進法が施行され、脱炭素社会の実現に向けて地方自治体における取組が求められる中、昭島市は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け、2030年カーボンハーフを目標に掲げ、脱炭素化の取組を積極的に進めています。更に、市の事業に伴う温室効果ガスを、2030年までに75%削減する「カーボンクォーター2030」を目標に、市民・事業者の皆さまの共感を得ながら、脱炭素化に率先して取り組んでいます。
 本協定は、昭島市、昭島ガス及び都市ガス卸供給元である東京ガスの3者が相互に連携し、脱炭素社会に関する知見や技術を活用し、「カーボンニュートラルシティの実現」を目指すものです。今後3者は、定期的な協議を通じ、具体的な実施内容を決定していきます。