9月29日「食品ロスと廃棄に関する啓発の国際デー」に本格始動 賛同企業ジューススタンド2企業7店舗に廃棄バナナを提供開始

株式会社ドール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 渡辺 陽介、以下 ドール)は、国連の制定する「食品ロスと廃棄に関する啓発の国際デー」である9月29日、廃棄バナナを削減するSDGs活動として『もったいないバナナ』プロジェクトを本格始動いたします。つきましては第1弾の活動として、本プロジェクトにご賛同いただいたバナナジューススタンド2企業7店舗に廃棄バナナを提供します。
プロジェクトサイト:https://www.dole.co.jp/special/mottainaibanana/

 ドールは、高品質なフルーツとフルーツ加工食品をお届けし、人と地球と豊かさに良い影響を与えることを使命としています。この大きな使命を全うするため、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けて、昨年Dole Purpose及びThe Dole Promiseを表明し、今日の世界を未来の世代のためにより良いものに変えるべく取り組んでいます。ドールは2025年までにフルーツの廃棄ゼロに向けて取り組みます。これを達成するための方法の1つとして、有機廃棄物を新しい用途や製品に使用する取り組みを進めて参ります。

 このような背景から、ドールは、まだ美味しく食べられるにもかかわらず、流通過程における様々な要因により、捨てざるを得ない廃棄バナナを「もったいないバナナ」とし、もったいないバナナゼロを目指して、本プロジェクトを開始いたします。
 本プロジェクトを通し、「もったいないバナナ」は同等の品質が保証されたものであり、「廃棄品だから安い・悪い」ということではなく、地球・環境にとって大切な資源であるという正しい理解を促し、国内における「フードロス削減」のリテラシー向上の旗振り役となれるよう努めてまいります。
 まずは本プロジェクトの第1弾として、賛同いただいたバナナジューススタンド店舗に「もったいないバナナ」を提供します。これまで廃棄されていたバナナをジュースにすることで、フードロス問題解決に貢献することはもちろん、購入される方の「フードロス削減」に対する意識を向上させるきっかけになれたらと思います。 
 フルーツを通して人と地球と豊かさに良い影響を与えることを使命とし、明るい世界のために、ドールは今後も、「フードロス削減」に貢献できるよう本プロジェクトの推進に努めてまいります。

■SDGsの取り組みプロジェクト概要

名称       :『もったいないバナナ』プロジェクト
取扱商材     :フィリピン産・エクアドル産・ペルー産バナナ
賛同店舗     :・7days BANANA(伊勢店、大井町店、表参道店、天王寺ミオ店)
          ・BANANA STAND(仙川駅ナカ店、ミッテン府中店、桜上水店)
プロジェクトサイト:https://www.dole.co.jp/special/mottainaibanana/

■ロゴに込めた思い

 循環する矢印は、おいしく食べられるのに捨てられそうになったバナナが、
ジュースなどの別の姿に生まれ変わることで、再び価値を取り戻すことを表しています。
 また、SDGs活動として、フードロス削減への取り組みの一環となる『もった
いないバナナ』プロジェクトが、一人でも多くの人に広まり、食料を大切にする
思い・行動が社会に浸透して長く続くようにという願いを込めています。

■株式会社ドール 代表取締役社長:渡辺 陽介コメント

 私たちドールを支える「三方よし」の精神は、社会と事業の福利は相互依存の関係にあると考え、売り手、買い手、世間の三方に利益をもたらす方法で事業を行うという理念です。この大きな約束を守るため、私たちは使命にいっそう力を注ぎ、事業のやり方を工夫して戦略的パートナーと連携し、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けて、今日の世界を未来の世代のためにより良いものに変えるべく取り組んでいます。そして私たちの取り組みをより具体的に示し実行するため、昨年Dole Purpose(Doleの存在意義)とThe Dole Promise(Doleが約束すること)を表明し、これまでもコロナ禍で懸命に働かれている医療従事者の皆様やこども食堂等に対しての商品支援、こどもの貧困に対する募金プログラム等を実施してまいりました。
 Dole Promiseの一つである「フルーツ廃棄物ゼロ」実現を目指した今回の『もったいないバナナ』プロジェクトを多くの企業や生活者の皆様と共有し、ドールの目指す方向性や取り組みをより多くの皆様にご理解頂けましたら幸いです。今後はバナナ以外のフルーツにも横展開し、ドールがリーディングカンパニーとして青果業界全体で国内における「フードロス削減」のリテラシー向上を目指してまいります。

■ご協力店舗代表 BANANA STAND 代表取締役:黒田 康介 様コメント

 SDGsへの社会的な関心の高まりと、その達成に向けた取り組みへ
の期待を日頃から感じており、また、事業者として我々もいずれは無視
できなくなるという課題意識を常に持っていましたが、実際にはなかなか
踏み込んだ関与はできず歯がゆい気持ちでした。
 そんなタイミングで、ドール様から今回のプロジェクトの案内を頂戴し、
すぐに参加したいと思い、意向をお伝えいたしました。
「もったいないバナナ」で作るバナナジュースを飲んで、シンプルに
美味しいと思っていただけることも嬉しいですが、美味しく食べられるにも
関わらず、多くの食材が廃棄されていることに対して“もったいない”という意識が芽生えたり、「フードロス問題」について、少しでも考えるきっかけになれば、本プロジェクトに携わる者として冥利に尽きます。
 お客様に食べ物を提供する事業者として、まずは「フードロス問題」という社会的・世界的な問題を認識してもらうきっかけづくりができれば幸いです。そこから派生して、SDGs達成に向けて個人レベルでどのような関与ができるのか?まで考えて頂き、日々の行動選択で、価値基準が自然と“SDGsフレンドリー”に変わっていくことを願っています。

■ご協力店舗情報

店舗   :7days BANANA
メニュー名:7days BANANAオリジナルバナナジュース
金額   :470円(税込)〜490円(税込)※店舗によって異なります。
販売店舗 :伊勢店、大井町店、表参道店、天王寺ミオ店
HP    :https://7daysbanana.life/
Instagram:https://www.instagram.com/7daysbanana/