-外販により業界の標準化を目指す-

 大成建設株式会社(社長:相川 善郎)と株式会社リバスタ(社長:高橋 巧)は、既存のCO2排出量計測管理のノウハウと豊富な現場データを活用した「建設現場で発生するCO2排出量の計測管理サービス」の開発に着手します。今後、ユーザーの負荷を低減し、高い汎用性を備えた、誰もが利用可能なサービスとして外販を行い、建設業界での標準化に向けて普及展開を目指します。