~アップサイクルの仕組みと環境問題を体感し、石垣市の環境課題に貢献~

 快適なライフスタイルの提案を目指す豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、愛知県名古屋市)、縄文企画(代表:田中秀典、沖縄県石垣市)、株式会社日本旅行(代表取締役社長:小谷野悦光、東京都中央区)の3社は、豊島が展開する漂着ペットボトルごみを回収して繊維にするプロジェクト「UpDRIFT(アップドリフト)」を教育素材に用いたSDGsを学ぶプログラム『Tourism for Tomorrow~八重山ビーチクリーンプロジェクト~』を、2022年10月22日(土)、23日(日)の2日間、大阪府帝塚山学院泉ヶ丘高等学校の高校2年生311名と石垣市の星野海岸にて実施しました。
 当日は、石垣市の年間の漂着ゴミ処分量*1の1/100にあたる約550キロの漂着ゴミを回収。回収したゴミの内、ペットボトルごみは「UpDRIFT」のしくみで糸へ生まれ変わっていきます。また本活動の記録として、参加した2年生たちがオリジナルデザインのポーチを製作。ポーチの一部にはUpDRIFTの糸が使用されています。*2
 3社協同のこの取り組みを通して、環境問題を考える循環の輪が未来に拡がっていくことを目指しています。