千葉銀行(頭取 米本 努)は、2022年10月28日(金)に設立された株式会社脱炭素化支援機構への出資を行いましたのでお知らせします。
 株式会社脱炭素化支援機構は、国の財政投融資(産業投資)と民間からの出資を資本金としてファンド事業を行う株式会社で、資本金を基に、脱炭素に資する事業に対してエクイティ・メザニンなどのリスクマネー供給を行い、巨額の民間ESG資金を脱炭素投資に振り向ける呼び水となることを目指します。
 当行は、脱炭素化に意欲的な民間事業者などの取組みを後押しするという同社の趣旨に賛同し、1億円の出資を行いました。
 当行はこれからも、取引先のお客さまに対するCO2排出量計測態勢の整備に関するご支援や、サステナブル・ファイナンスによるご融資などを通じ、地域とともに「脱炭素社会」の実現に向けた取組みを一層加速させてまいります。