ESGへ大きく貢献

台湾の金融監督管理委員会は2023年より資本金が1000万円を超える上場企業に対して脱炭素等ESGの取り組みにより力を入れるため、企業に炭素調査など、指定した環境調査の実施や報告書類一式の作成及び提出を要求するとした。また企業から提出された資料に関しては検査機関をいくつか設け、段階を分けて検証すると発表した。そこで米国大手のダン&ブラッドストリート社はTuring Internationalとタッグを組み、高いブロックチェーン技術を利用した電子証明書サービスの利用を開始した。これによりダン&ブラットストリート社は、社内で使用するあらゆる証明書類やP D F書類などをワンクリック且つワンストップで発行、管理、認証出来るようになる。