神戸市は、株式会社フォーステック(以下「フォーステック」)と協働し、フォーステックの提供するスマートごみ容器を、三宮フラワーロード周辺に設置している街頭ごみ容器と入れ替え、ぽい捨て防止に向けた実証実験を10月7日より開始します。
今回、共同設置するスマートごみ容器は、環境にやさしいソーラー発電で動くIoT機能付です。投入されたごみを自動的に約1/5に圧縮する機能により、ごみ収集作業の効率化を図ります。また、スマートごみ容器本体を広告スペースとして活用し、その広告収入をスマートごみ容器の設置費用や維持管理費などに充当します。
この取組は、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す目的で、スタートアップから最先端のテクノロジーを用いたソリューション及びその実証実験の提案を受け、社会・行政課題の解決を目指す「Urban Innovation KOBE +P(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」事業の一環として行うものです。(『+P』はプロポーザル(提案)の意味)フォーステックとの取り組みは、本事業の第14号となります。
※神戸市市政情報 記者資料提供(令和4年9月30日)

・実証期間:令和4年10月7日~令和5年3月末(予定)
・設置基数:6か所12基設置(2基1セット)
・協賛企業:和田興産株式会社・フジッコ株式会社