社会福祉学部 宮地准教授の研究プロジェクト「社会的養護経験者(ケアリーバー)の社会的孤立を防ぎ、支援と繋がりながら自立と支える仕組みを創る」

SDGs「3.すべての人に健康と福祉を」「10.人や国の不平等をなくそう」「11.住み続けられるまちづくり」に繋がる取り組みとして、児童養護施設出身者の社会的孤立を防ぐためのプロジェクトです。

 国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター(RISTEX)が推進する「SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(社会的孤立・孤独の予防と多様な社会的ネットワークの構築)」に、同朋大学 社会福祉学部 宮地 菜穗子准教授が中心となった研究プロジェクト「社会的養護経験者(ケアリーバー)の社会的孤立を防ぎ、支援と繋がりながら自立と支える仕組みを創る」が採択されました。