責任ある水産養殖認証を運営するASCとシーフードレガシーが覚書を締結

株式会社シーフードレガシー(代表取締役社長:花岡和佳男、所在地:東京都中央区)は、Aquaculture Stewardship Council(水産養殖管理協議会、以下ASC)(最高責任者:クリス・ニンネ、所在地:オランダ・ユトレヒト)は、2022年7月1日に覚書を締結いたしました。

世界の天然漁業生産量は、1985年ごろをピークに頭打ちとなっており、資源量も「持続可能でない」とされている割合が1970年代の10%から2019年には35.4%と増加しています*1。一方、世界の養殖業生産量は、1990年代は世界の漁業生産量(天然+養殖)のうち約20%でしたが、2019年には49%まで急増し*1、世界の動物性タンパク源生産において重要な位置を占めます。