浮体式洋上風車(垂直軸型)の開発に取り組む株式会社アルバトロス・テクノロジーが、株式会社ジェネシア・ベンチャーズから総額1億円の資金調達を行い、浮体式洋上風車の小型海上実験の準備を開始したことをお知らせいたします。

当社は、低コストで高い国内調達率を見込む浮体式垂直軸型風車を開発しています。
昨今では気候危機対策、SDGsに加え、エネルギーセキュリティの観点からも洋上風力発電の重要性が世界的に増しています。日本で陸上風車の設置可能地域には限界があることから洋上風力(海洋上における風力発電)への注目が高まっています。なかでも、風力発電の事業性が高い沖合に進出するには、着床式ではなく浮体式の風車が主力となりますが、従来の考え方で超大型台風に耐えようとすると浮体が高コストになりすぎます。

当社が開発する浮遊軸型風車(Floating Axis Wind Turbine: FAWT)は、基礎を置ける地面も海底も無いからこそコストが下げられる浮体式風車であり、この分野のゲームチェンジャーとして、洋上風力の主電源化に取り組みます。