2022年9月9日。社会を守る砂防の現場に笑顔があふれました。社会や地域に貢献する人々とその活動に光を当てるために創設した「宇都宮大学地域デザイン科学部の独自の表彰制度」で「高校生たち」を表彰。

 舞台は下掲の写真、日光市足尾町の渡良瀬川の最上流の場で流れる松木川沿いの砂防指定地。昔は、はげ山で雨が降るたび大量の土砂が河川に流れ込んでおりました。現在、国土交通省渡良瀬川河川事務所とNPO法人足尾に緑を育てる会が、山腹を「環境学習の場」として用意し、小中高の生徒たちから大人たちまで、植樹活動に来られる方々を幅広く受け入れております。
 宇都宮大学地域デザイン科学部は、山と川を守るこの社会貢献活動に「楽しさ」と「誇らしさ」を添えるべく、昨年からこの現場で研究調査活動を加速させてきました。昨年そして今年と、コロナ禍で行動が制限される中、本学の研究活動に協力しながら植樹にも取り組んできてくれた「宇都宮大学共同教育学部附属特別支援学校の高校生」へ、地域デザイン科学部が2022年9月9日に現場で「社会貢献賞」をお贈りしました。