日本さばけるプロジェクト実行委員会は、魚の日である10月10日(日)から世界食糧デーの10月16日(土)までの「海のごちそうウィーク」期間中、「海のごちそうウィークTwitter投稿キャンペーン」を実施いたします。

タレントや著名人が「海のごちそうウィーク」について語る動画を視聴し、Twitterで感想ひとことと共にシェアすると、抽選で250名様に全国の「海の恵みセット(5,000円相当)」または「日本さばけるプロジェクト公認 さばける包丁&ふきんセット」が当たります。

この活動は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

海のごちそうウィークTwitter投稿キャンペーンはこちら! https://twitter.com/sabakeru

海のごちそうウィークキャンペーン動画はこちら!
【YouTube】
海のごちそうウィークキャンペーン(応募締切 10月16日まで)

さばけるチャンネルとは

服部栄養専門学校 日本料理講師 西澤辰男氏の監修の元、100魚種以上の魚のさばき方や下処理・調理方法等を配信していきます。

日本さばける塾・さばけるチャンネル等を通じて、“魚をさばく”という日本古来の調理技法を次の世代へ継承するとともに、豊かで健全な海を未来に引き継ぐアクションの輪を広げる取組みです。
調理人が魚をさばく所作は「和食文化の粋(すい)」であり、見るものを魅了するエンターテインメントです。また、魚をさばく体験は、魚の命と対峙し、海の恩恵に思いをはせる絶好の機会となります。

これらの感動体験は、人々に「海に関する気づき」を与え、「海の問題に対する行動変容」を促します。私たちは、魚を”さばく”技術の伝承や機会の提供とともに、海洋問題に関する情報を発信し、海を守る人を増やします。
Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC8QheEuZR6-D_FG2ElItg4A

ごちそうウィークとは

10月10日(”トト”=魚の日)~10月16日(世界食糧デー)の1週間は「海のごちそうウィーク」です。一般社団法人 海と食文化フォーラムは、日本財団「海と日本プロジェクト」との共催により、イベントや「海と食」に関する意識調査結果発表を実施。さらにこの期間中、全国の飲食店やお魚屋さん、都道府県、海と日本プロジェクト関連事業者によるSNS投稿キャンペーンや情報発信、連携企画が展開され、メインメッセージ「おいしい、以上に知ってほしい海がある。」を通じ、海で進行している環境悪化を子どもたちをはじめ全国の人たちに「自分ごと」としてとらえるよう呼びかけ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げます。

海のごちそうウィーク公式ページはこちら https://shoku.uminohi.jp/gochiso-week/

団体・企業概要

団体名称 :日本さばけるプロジェクト実行委員会
本社所在地 :北海道函館市旭町6-14
電話番号 :0138-070-7611-0505
実行委員長 :服部幸應
設立 :2016年2月1日
URL :https://sabakeru.uminohi.jp/
活動内容  :さばける塾・さばける動画等を通じて、“魚をさばく”という日本古来からの調理技法を次の世代へ継承するとともに、豊かで健全な海を未来に引き継ぐアクションの輪を広げる取り組みです。 

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/