米日財団とフィッシュ・ファミリー財団の助成プロジェクトで相乗効果を狙う!

震災から10年となる2021年3月、フィッシュ・ファミリー財団と米日財団は、被災地への強い想いを共有し、「Women Leading the Future of Tohoku(女性がリードする東北の未来)」と題した助成金を共同で支出し、女性リーダーのもと活動をする6つの非営利団体に合計で1,000万円を助成しました。度重なる緊急事態宣言の中で身近に感染者数が急増し、事業がキャンセル・延期になり、今後の団体の財政面に懸念が出てきているなか、人間関係やコミュニティの分断が懸念されています。そんな中、この危機を一緒に乗り越えようと、本助成先である6つの非営利団体が共同でウェブサイト(https://jwli-usjf-tohoku.jimdofree.com/)を立ち上げました。