岡山県倉敷市真備町 被災地取材記事公開

尾西食品株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 古澤紳一 ※以下、尾西食品)は、防災食・備蓄のリーディングカンパニーとして、”アルファ米”をはじめとする非常食を製造・販売。「誰にとっても安心安全な食」の提供を通じ、日常の防災意識を高める活動をすすめており、公式サイトで防災コラムを発信しております。

今回は2018年7月の西日本豪雨災害にて甚大な浸水被害を被った岡山県倉敷市真備町。地域で唯一の一般病院である「まび記念病院」(病床数80床)は、入院患者に加えて多くの地域住民の避難者を受け入れました。入院患者のみならず多くの避難者に対して食事を提供し続けたまび記念病院 栄養管理部の淺井美由紀氏、谷川智一氏にお話を伺いました。