小林製薬株式会社(本社:大阪市、社長:小林章浩)では、サステナビリティ社内浸透のためのワークショップ「サステナビリティMeetUp!」の累計参加従業員数が2,000名を突破しました。
 当社ではESGを経営の柱に据え、全社でESGの取り組みを推進しています。2020年8月に取り組みをスタートした「サステナビリティMeetUp!」は、これまでに15テーマで開催し、2021年10月の開催をもって従業員の累計参加人数は2,275名となりました。
 本ワークショップの対象は全従業員で、様々な雇用形態や役職の社員が参加をしています(参加は任意)。また完全オンライン開催であることから国内は北海道から沖縄まで、海外はアメリカ、中国、オーストラリアの現地法人など、様々な立場の従業員が参加していることも特徴です。回を重ねて従業員の理解が深まるにつれ、業務や製品をよりサステナブルな視点で見直すための改善提案が多く寄せられるようになるなど、取り組みの成果も見え始めています。
 当社では、今後もESGへの従業員の理解促進と取り組みを推進し、持続可能な社会に向け、貢献してまいります。