サステナブル美容の専門家 長井 美有紀<一般社団法人 日本サステナブル化粧品振興機構 代表理事/株式会社EcoVia Intel 代表取締役>と、福井大学准教授・高井 愛子氏が共同で執筆した紀要『サステナブル化粧品に関する認証と生物多様性との関わり』が2023年1月に刊行されました。同専門家である長井は、課題が多く残る化粧品業界のサステナビリティを啓蒙するため、兼ねてから生物多様性と産業との関わりについて研究し、これまでも多くを提言。兼ねてから「化粧品業界における生物多様性への配慮」を述べてきたことから、本紀要では、その産業や消費を支えるサステナブル認証の国内認知度調査とその重要性を提唱するなど、専門的見解を示しています。本紀要は、今後、福井大学にてリポジトリ登録されます。この度、共同論文発表をうけ、「サステナブル化粧品認証と生物多様性」をテーマに、長井が公開セミナーを2023年2月17日(金)にオンライン開催。気候変動とともに、いまや重要なグローバル課題の一つである生物多様性において、産業としてどう切り込むか、サステナブル美容の専門家として化粧品業界に長く業界にふさわしいサステナブルソリューションを提供しつづけている長井美有紀が提言します。