SDGs未来都市の米沢は、いかにしてローカルSDGsプラットフォームを立ち上げたのか?

SDGs未来都市の山形県米沢市(市長:中川勝)は、内閣府と環境省の後援を得て、2022年11月28日(月)夜に「米沢SDGsカンファレンス」をオンラインで開催しました。ローカルSDGsのプラットフォームづくりをテーマとして、BBT大学 教授の谷中修吾氏、環境省 地域循環共生圏推進室長の佐々木真二郎氏をゲスト登壇者に迎え、米沢市内の実践的な取組からKOMFORTA 代表の志賀しず香氏、はまだ牧場 代表の濱田篤氏を招聘し、本市よりSDGs推進参与の伊藤夢人、政策企画課の尾崎悠樹が登壇しました。米沢市は、令和3年度に内閣府「SDGs未来都市」、環境省「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の取組団体に選定されており、日本全国に向けてSDGsプラットフォームづくりの知見の共有を目指しています。