お米のバイオマスプラスチックを配合した高反発独自素材「ライスウェーブ®」と植物由来原料50%のウレタンをコア材に使用し、旅館などでのエキストラベッドとしての採用も見込む

株式会社モーブル(本社:福岡県大川市)は、新開発したお米のバイオマスプラスチックを配合した「RICEWAVE(ライスウェーブ)®」、早生広葉樹で地球温暖化の進行抑制で注目を集める木材「センダン」、植物由来原料比率を50%以上使用したウレタン「ECOLOCEL®※2」、リサイクル糸を使用した特紡糸を当社として初めて製品として使用したソファ「Grow(グロー)」を2023年1月5日よりモーブルブランドサイト(https://brand-meuble.jp/)で受注生産販売の受付を開始することをお知らせいたします。

※1お米のバイオマスプラスチックを使用したソファの一般向け販売として
※2ECOLOCEL®は株式会社イノアックコーポレーションの登録商標です