海上における最⾼⽔準の操業と社会的慣⾏に関してRFVSが提供する保証が明確になり、⽔産物の信頼性向上に寄与

教育、政策提言、認証などを通じて責任ある水産物の拡大を世界中で推進する国際NGO世界水産物連盟(Global Seafood Alliance)(本部:アメリカ合衆国ニューハンプシャー州、代表:Brian Perkins)は、船員の人権保護に強く焦点を当てた認証である「責任ある漁船基準(RFVS)」が、ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラムによる持続的なサプライチェーンイニシアチブのベンチマークプロセスを完了して、2022年11⽉16⽇にSSCIベンチマーク承認規格となったことをご報告いたします。