ユニセフなど共同監査報告書 発表

【2022年10月24日 ジュネーブ/ニューヨーク/ワシントン発】

ユニセフ(国連児童機関)、世界保健機関(WHO)、および世界銀行は、本日発表した共同報告書の中で、世界が安全な飲料水への普遍的アクセスを達成し、気候変動の影響を緩和するためには、各国政府は資金を増やすだけでなく、サービスの提供を計画、調整、規制する能力を強化し、安全な飲料水システムの構築に戦略的に投資しなければならないと、述べています。