〜TEKKON一般公開にあたりこれまでを振り返り、世界中から累計123万基以上のマンホールデータが収集〜

「人々が生きるうえで必要な暮らしを支えるインフラを、市民とともに守っていこう。」
Whole Earth Foundationは、その思いからプロジェクトをスタートし、試行錯誤しながらも1周年を迎えました。
2021年にWeb版「鉄とコンクリートの守り人」からはじまり、2022年3月にiOS、4月にAndroid版をリリース。マンホール聖戦も通じて多くのシチズン(市民)に参加いただきました。そして2022年7月に「鉄とコンクリートの守り人」の進化版アプリ「TEKKON」が誕生。

7月からのクローズドベータでのテストを経て、2022年9月に限定リリース。ついに10月17日には一般公開を迎えました。

今回は活動1周年にあたり、これまでのシチズン(市民)の協力による成果をまとめました。